体質だけじゃない髪の毛事情

遺伝による薄毛について

よく、父母や親族に薄毛の人がいると、遺伝によって薄毛が起きると言われますし、実際に遺伝が原因となる薄毛は4分の1の割合を占めています。

遺伝による薄毛は改善できないという情報もあったりするので、もうどうにもならないと諦めてしまう方も多いのではないでしょうか。

遺伝で薄毛になるのは、脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロンの受容体が多く、感受性が高いということが原因とされています。

ジヒドロテストステロンは、テストステロンと5αリダクターゼが結びつくことで出来る男性ホルモンで、毛乳頭細胞などに作用して髪の生成を阻害します。

これは今話題のAGA(男性型脱毛症)で、体質遺伝によってジヒドロテストステロンの影響を受けやすくなっている場合、発症しやすいということが分かっています。

AGAは男性ホルモンが関与しているため、遺伝は関係ないにしても改善するのが難しいと言われていました。

ですが、数年前から5αリダクターゼの働きを抑制するフィナステリドなどの成分の働きが認められたので、こういった有効成分を配合した医薬品を使えば、遺伝による薄毛でも改善する効果が期待できます。

またいくら遺伝だとしても、その体質を受け継いだ人すべてが薄毛になるとは限りません。

確かに普通の人よりはジヒドロテストステロンの感受性が高いので、薄毛になるリスクは高くなりますが、要はジヒドロテストステロンが少なければ脱毛が引き起こされることもないのです。

ですので遺伝で薄毛になった、またはなりそうという人でも、育毛剤でケアすることでジヒドロテストステロンを減少させれば改善や予防効果が期待出来ます。