男性ホルモンに働きかけて毛髪を育てる

男性用育毛剤の特徴

育毛剤には男性用と女性用があり、それぞれに配合されている成分が違うので、当然ですが効果も違ってきます。

もちろん薄毛が起きるのは髪が抜け落ちたり、成長しなくなることが原因となるものの、この状態を引き起こすのは男性と女性と異なります。

また、体質や髪質、肌質なども男女で違うので、男性の薄毛を改善する場合には男性用育毛剤じゃないと思うような効果は得られません。

男性用育毛剤の特徴は、一般的に男性ホルモンに作用する成分が配合されているということです。

男性の場合、AGAという脱毛症によって薄毛になっていることが多いのですが、その原因となるのが男性ホルモンです。

そのため医薬品の男性用育毛剤には、男性ホルモンを脱毛ホルモンに変性させる5αリダクターゼの働きを抑制する有効成分が配合されています。

その効果があるのがフィナステリドやミノキシジルという成分なのですが、男性ホルモンがほとんど影響しない女性には必要ないため、女性用育毛剤には使われていないので、この成分が配合されていることが最大の特徴と言えます。

医薬品以外の男性用育毛剤だと、これらの有効成分は配合されていませんが、その代わりに皮脂の分泌を抑制したり、皮脂を強力に取り除く成分が配合されています。

男性は女性より皮脂の分泌量が多く、きちんと取り除かないとその影響によって頭皮環境が悪化してしまいます。

女性はもともと皮脂の分泌量は少ないですし、乾燥しやすい肌質なので、こういった効果がある育毛剤は使いません。

ですので、皮脂を抑制したり除去したりする効果を持っている、というのも男性用育毛剤の特徴と言えるでしょう。